Apple、WWDC 2017で次期「MacBook」「MacBook Pro」「MacBook Air」を発表!?

米時間の6月5日に予定されているWWDC 2017の基調講演で次期「MacBook」「MacBook Pro」「MacBook Air」が発表される見込だとBloombergが伝えています。

昨年Touch Bar搭載モデルが発売されたMacBook Proは、内部的な改良のみので、Kaby Lakeプロセッサにアップグレードされる見込です。AppleはMacBook Proの消費電力機能を処理できるカスタム設計のチップを開発していると言われていますが、今回のリフレッシュでは採用されない可能性があります。

昨年の4月にアップデートされたMacBookは、Kaby Lakeプロセッサを搭載します。
低価格で根強い人気のMacBook Airは、2015年3月以降アップデートされておらず、もともと薄いボディを売りにしてきましたが、すでにMacBook Proよりもボディの厚みがあるという状態になっています。また、薄型としてはMacBookが存在しています。

MacBook Airは、低価格モデルとして、もう少し存在するものと思われますが、注目は、これまで通常の解像度だったMacBook Airが高解像度のReitnaディスプイにアップデートされるかどうかです。

Macbookシリーズ以外にWWDC 2017で発表されるのは、iOS、macOSの新バージョン、次期iPad Pro、Siriスピーカーなどです。(MacBookシリーズは、基調講演では発表されず、サイレントアップデートという可能性もあります)

しかし、あまりMac miniの話題が出てこないのは不思議ですね。

(参考:MacRumors