2018年発売iPhoneの人気モデルは、フルアクティブLCDを搭載したスリムベゼルの「6.1インチiPhone」か?

Nikkei Asian ReviewのCEO、S.J. Liao氏によるとスマートフォン全体の市場が減速しつつあるものの、同社がこの傾向に影響を受けないと認識していると語った。同氏は、ハイエンドのスマートフォンだけに焦点を当てると述べまし …

記事全文を表示

2018年発売の6.1インチiPhoneは、フルアクティブLCDで、解像度は2,160×1,080(18:9)、0.5ミリ幅の超スリムベゼル

台湾の工商時報によると、2018年発売の6.1インチiPhoneは、ジャパンディスプレイのフルアクティブLCDを搭載するとのことです。 フルアクティブLCDは、従来のLCDとはことなり、0.5ミリのベゼルで、ほとんどベゼルレスト言ってもよい …

記事全文を表示

ジャパンディスプレイの「フルアクティブ・ディスプレイ」が次期iPhoneに採用!

ジャパンディスプレイの「フルアクティブ」ディスプレイが次期iPhoneに採用される方向となったとを時事通信が伝えています。 「フルアクティブ」は、ベゼル幅を0.5~0.6mm幅に狭くしたLCDモジュールの技術です。全面ディスプレイが特長の1 …

記事全文を表示

2019年発売のiPhoneは、顔認識カメラとフロントカメラモジュールが統合され、ノッチ(くぼみ)部分が小さくなる!?

韓国のETNewsの新しいレポートによると、2019年以降はiPhoneのノッチが小さくなる可能性があるということです。 Appleは、TrueDepthセンサーのサイズを小型化できるため、顔認識カメラと通常カメラのモジュールを組み合わせる …

記事全文を表示