Appleが建設中の新キャンパスの名称は「アップル・パーク」、4月に使用開始!

Apple公式ページでが、建設中の新キャンパス(Campus 2)の正式名称は「アップルパーク(Apple Park)」で4月に従業員が入居開始するとアナウンスしています。ただ12,000人の従業員が異動するのには6ヶ月の期間を要するとのことです。

アップルパーク全体は、175エーカー(約708,200平方メートル)の広大な土地で、スペースシップと呼ばれる本館は、260,128平方フィート(260,128平方メートル)もあり、全体がカーブしたガラスで覆われています。

もし、このキャンパス計画を主導したスティーブ・ジョブズ氏が生きていれば、今年の2月24日で62歳でした。彼の功績を記念して、1,000人収容のオーディトリアムは「スティーブ・ジョブズ・シアター」と命名されることが決まっています。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。