Apple、macOS Venturaの機能を備えたSafari Technology Preview 154を公開!

Appleが、Safari Technology Preview 154を開発者サイトで公開しています。

Safari Technology Preview リリース 154 には、Web インスペクター、CSS、JavaScript、レンダリング、Reporting API、Web API、アクセシビリティ、メディア、インテリジェント トラッキング防止のバグ修正とパフォーマンスの改善が含まれています。

現在の「Safari Technology Preview」リリースは、Safari 16 アップデートに基づいて構築されており、Live Text、パスキー、Web 拡張機能の改善など、 macOS Venturaに追加された機能のサポートが含まれています。

Appleによれば、Safari Technology PreviewのアップデートはmacOS Big Surでは利用できなくなりました。

Safari Technology Previewは、2016年3月に実験的ブラウザとして初めて公開され、開発プロセスに開発者やユーザーからのフィードバックを取り入れながら、最新のテクノロジーをテストするために公開されてます。Safari Technology Previewは、一度、開発者サイトでダウンロードすると、次回からはMac App Store経由でアップデートできるようになります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。