アメリカのティーンエイジャーに大人気のiPhone、76%が所有!Apple Watchへの関心も増加

Piper Jaffrayが直近の半年に収集したデータによると、2016年春の69%だった所有者が、76パーセントに増加しています。また購入を計画しているティーンエイジャーが、昨年の春には、75%だったものが、81%に増加しているようにますます人気が高まっています。

スマートウォッチへのティーンの関心も拡大し続けており、アップルウォッチへの関心がわずかに上昇しています。調査対象の十代の若者の13%が、今後6ヶ月間にApple Watchを購入する予定であると回答しています。前回の2016年春には11%でした。

(via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です