iPhone 8の筐体についての概略図面(リーク画像)

リークで有名なSonny Dickson氏が、iPhone 8の筐体についての概略図面をリークしています。デザイン的には、側面がフラットになっているiPhone 4やiPhone 5に似ています。
特徴としては、デュアルレンズカメラが縦に並んでいることと、Touch IDが裏面にあります。プロトタイプは、iPhone 7の長さ138.3mm、幅67.1mmと比較して、高さが149.5mm、幅が72.5mmであるため、iPhone 7を少し大きくしたくらいのボディです。

ただし、iPhone 8は全面ディスプレイを採用するため、このサイズでも5.8インチのディスプレイを搭載可能です。

今回のリークはプロトタイプの一つの可能性がありますが、Appleは、ディスプレイの下にTouch IDが組み込めなかった場合は、裏面に配置するという噂が流れています。

(via MacRumors