iOS 11、32ビット版アプリケーションが動作しない可能性大!!

iOS 10.2.xまでのiOSでは、古い32ビット版のアプリケーションを開くとデバイスの速度が遅くなるという警告のメッセージが表示されますが、現在、開発者に公開されているiOS 10.3 betaでは、その警告メッセージの内容がさらに厳しくなり、32ビット版のアプリケーションは「今後のiOS版では動作しない」という警告文に変わっているとMacRumorsが伝えています。

将来のバージョンというと、おそらく今年WWDC 2017で紹介されるiOS 11のことだと思われます。

現在、仕方なく古い32ビットアプリを利用している方は、iOS 11が降下される秋までに64ビット版を購入するか、その代替アプリを見つける必要がありそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。