話題の「サピエンス全史」で語られていない人間が幸せになれない理由!?

文明はフィクションか? 最近、ユヴァル・ノア・ハラリ(著)「サピエンス全史」との書籍が話題になっています。 最も注目すべき所は、人間の認知革命で「虚構のおかげで、私たちはたんに物事を想像するだけではなく、集団でそうできる

続きを読む >>

人生の逆境に陥ったときにオススメの本!「スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック」

失敗は、人を育てる。 たぶん、そうなのでしょう。でも、逆境にいる最中は、一刻も早くその苦悩から逃れ、元のような状態に戻りたいと願うものです。 でも、組織の中や様々な人間関係の中では、そう簡単に元の状態に戻すことはできませ

続きを読む >>

企業創業者が最も称賛するリーダーはTeslaのイーロン・マスク、Appleのジョブズは4位

ベンチャーファームのFirst Round Capitalが企業創業者700人に最も称賛するリーダーは誰かという調査を行いました。 その結果は、創設者の23%がSpaceXとTeslaを経営するイーロン・マスク(Elon

続きを読む >>

【ビジネスマンの心】マインドフルネスは、短時間でできるプチ瞑想「今に生きる」を感じ、本来の自分を取り戻す!

マインドフルネスの意味は集中。基本的には呼吸や身体に注意を集中することによって、雑念に振り回されない時間を持つことです。 それでも大きな不安があるときには、呼吸に集中したり、一点に集中したりすることは今案です。 「もしも

続きを読む >>

【ジョブズの心】心を豊かで健康にする「マインドフルネス」は、超簡単!!まずは呼吸に注目することから

現在、シリコンバレーを中心としたIT企業の社員に注目されているのが「マインドフルネス」です。 「マインドフルネス」とは、超簡単に表現すると仏教の瞑想から、宗教性を抜き去ったものです。アメリカ人は、プラグマティックですから

続きを読む >>

【ジョブズの心】人生解体のピンチは最大のチャンス

「昔から個人の人生(生命)に霊的な次元が開かれるのは、まさに老いや喪失や個人的な悲劇を通してだった・内なる目的が現れるのは、外的な目的が崩壊し、エゴの殻に日々が入り始めたときだけ、ということなのかもしれない。そのような出

続きを読む >>

【ジョブズの心】アメリカ人に最も影響を与えた禅の入門書「禅マインド ビギナーズ・マインド」

アメリカ人に最も影響を与えた禅の入門書「禅マインド ビギナーズ・マインド」。著者は鈴木俊隆氏。禅僧で鈴木大拙と並ぶほどアメリカでは有名な存在です。 心の迷妄を振り払い「今に生きる」という体系は、インドでは、シャンカラから

続きを読む >>

【ジョブズの心】なぜ、マインドフルネスが人を幸福にするのか?

「サーチ・インサイド・ユアセルフ(Search inside Yourself)」は、Googleが社内研修として実施しているマインドフルネスの実践を書籍化したものです。 要するに仏教のヴィッパサナー瞑想から宗教的な部分

続きを読む >>

Kindle日替わりセール、鈴木俊隆(著)「禅マインド ビギナーズ・マインド」399円

本日(2015年12月6日)のKindle日替わりセールは、鈴木俊隆(著)「禅マインド ビギナーズ・マインド」です。価格は399円となっています。 『アップル創業前夜、世界を洞察する智慧をジョブズは禅に見た。ジョブズの真

続きを読む >>

[ ジョブズ本紹介]ジョブズの哲学 ~カリスマが最後に残した40の教え~ (だいわ文庫)

スティーブジョブズ関係を中心としたIT関係の著作が多い竹内一正氏の新刊です。(新刊といっても2月発売ですから1ヶ月も経っています) この著作は、ジョブズの功績をマネジメント面から40項目に分け、完結にまとめているので、非

続きを読む >>

【iPhoneアプリ】ストレス生活に座禅の入門・練習アプリ「雲堂」はいかが?

App Store - 雲堂

呼吸を整え、心を落ち着かせるために昔から行われてきたのが座禅です。このアプリを使えば、座禅の基礎がバッチリ分かります。 このアプリのリリースしたのは超宗派仏教徒によるインターネット寺院虚空山彼岸寺です。禅はジョブズ氏も愛

続きを読む >>

【リアル書籍】スティーブ・ジョブズが読んだ禅 & スピリチュアルな本

伝記「スティーブ・ジョブズ」には、青年時代のスティーブ・ジョブズが禅に興味を持ち、鈴木俊隆老師や千野弘文老師に師事したことが書かれています。禅への興味はその後も続き、スティーブ・ジョブズの生活や彼が生み出す製品にまで強い

続きを読む >>

ジョブズ、禅

CNNが配信した「ジョブズ氏の革新に影響を与えた思想とはーー日本の禅僧と長年の交流」という記事が話題になっています。 すでにジョブズ氏と禅との関係は有名でWikipediaなどにも記載されていましたが、彼の死まではそれほ

続きを読む >>