投稿者: レイニー 鈴木

レイニー鈴木事務所代表 企画、営業、総務、人事と幅広い職務を経験。 人生のモットーは、「仕事の今を楽しもう」というポジティブアプローチ。 現在は、ブロガー、心の自由人として日々の生活を楽しんでいる。
Posted in コラム

[コラム]緊急事態に首相が巣ごもり・会食で「日本終わった」

安倍晋三首相は27日、28日の両日、午前は東京都内の私邸で休息し、午後のみ官邸へ出勤したという。28日の定例閣議も見送った。その上、安倍晋三首相は30日夜、東京都内の日本料理店で、自民党の岸田文雄政調会長と会食。 余裕があるのに国会は開かな…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

[電脳コラム]観光立国という幻想をもう一度?

日本政府は、経済成長政策の一環として、日本を観光立国にする目論見でした。 2020年度には、4,000万人のインバウンドを見込むほど、鼻息が荒く、絶好調でしたが、それが新型コロナウイルスの流行で、一気に吹っ飛んでしいました。 観光産業の救済…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

[電脳コラム]「芸能界」というみんなの妄想!

最近、木下優樹菜のスキャンダルが話題になっている。 結局、木下優樹菜は事務所を退社して、いわゆる「芸能界を引退する」ことになった。 芸能界という世界は、非常に漠然としてしていて、組織ではないし、職能集団の名称でもない。 だけど、世の中では「…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

官邸のラスプーチンが暗躍? 怖い!密室での政策決定

この記事は、「ディストピアへ」から転載しています。   官邸のラスプーチンとは、今井尚哉首相補佐官のことだ。 安倍首相が、現在、官邸で一番信頼している人間だ。現在の安倍首相が打ち出す政策に深く関わり、首相は、重要政策や政権の支持率…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

なぜ政府は、新型コロナ対策で、冷房と暖房を同時にかけるのか?

  小池知事は、政府が、感染者が急増している中で、旅行を促進するGo to キャンペーンを実施することについて、「冷房と暖房の両方をかけるようなこと」と批判しました。 このところの感染者拡大で、第二波の到来が危惧される中、都市部で…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

哲学コンサルティングなど、哲学がビジネス現場で活用される理由

Apple、Googleなどの大手IT企業を含め、哲学者を雇用しインハウス・フィロソファー(企業専属哲学者)として正式に雇用する企業が世界的に増えています。 企業に雇用されたインハウス・フィロソファー(企業専属哲学者)の中には、企業経営に深…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

予想通り!新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」の感染登録者は、たった3人[アップデート:2020/07/23現在37人]

新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」は、コロナの感染者に任意で、登録してもらう仕組みなっている。 あくまでも任意だから、ほとんど登録しないのは、分かっていたはず。 結果的に7月8日現在で登録者は3人。(via TBS NEWS)…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ライフスタイル

今日も、シンプルにスキッと生きる!

モヤモヤした梅雨空で、気分もスッキリしませんが、こういうときほどビジネスマンは「スキッ」とことを実践しましょう。 まずは、朝は、背筋を伸ばして会社の玄関をくぐりましょう。 オフィスでは、はっきりと「おはようございます」と言いましょう。 忘れ…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ライフスタイル

単調そうに見える「Uber Eats」の配達員にも楽しみはある!

Quoraの記事で、近ごろ副業で流行っている「Uber Eats」の配達員について、面白いものがあったのでご紹介します。 「Uber Eats」の配達員をやっている人は、真面目な話、何がいいと思ってやっているのでしょうか?」という質問。 確…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 映画

ニューシネマパラダイスの作曲者で映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネ氏が91歳で死去

ニューシネマパラダイスのメインテーマの作曲者で映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネ氏が、令和2年7月6日(月)、91歳で死去死去しました。 転倒による大腿骨骨折で手術を受け入院していましたが、高齢のためか治癒せず入院先の病院で永眠しました。…

記事の続きを読む / Continue Reading ▶