Windows 10とChromeにより、既定のブラウザーを切り替える手間がさらに軽減

Microsoftは、興味のないユーザーにMicrosoft Edgeブラウザーを強制的に使用させることで、かなりの信頼を失いました。

Windows 10 22H2 と Chrome Devでは、ブラウザー自体からワンクリックで既定のブラウザーを切り替えることができるようになりました。

この 3月の時点で、Windows 11(プレビュー版)の既定のブラウザーの切り替えは、設定メニューで数回クリックするだけで済むように既に改善されていましたが、古いWindows 10 がそれよりもさらにクリーンであることがわかります。

また、ChromeとWindows 10 22H2 の更新により、ブラウザー自体 (この場合は Chrome Dev バージョン 106.0.5231.2) のポップアップをクリックして、すぐに設定できるようになりました。Windows 11にもそれがあればいいのにと思います。

このワンタッチ機能が Windows 11 でまったく機能するかどうかは明らかではありません。22H2 アップデートで試したところです。何もせずにメニュー。Windows 11 21H2でも機能しませんでした。

Google の FAQによると、Chrome Devは通常、Chromeの安定版より 9 ~ 12週間先を進んでいます。Windows 11 22H2 は今年の 9 月にリリースされる予定です。Windows 10 22H2 もこの秋にリリースされる予定です。

(via The Verge

Last Updated on 2022年8月16日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です