Apple、Macの販売は供給の制約によって大きな打撃を受けていると主張

Appleは、本日の第3四半期の収益でウォール街の予想をわずかに上回り、iPhoneの収益は前年比でわずかに増加し、サービス部門は12%増加したと報告しています。

しかし、他の部門では、販売数は落ち込み、Macの収益は10%減少しました。これは、CEOのTim Cookがサプライチェーンの制約と不利な為替レートに起因する現象であると述べていますが、それはまた、 PC販売が減少しているという業界全体の傾向とも一致します。

今月初め、Appleは同社のM2チップを搭載した再設計されたMacBook Airをリリースしましたが、それは今四半期の結果には影響しませんでした。新しいAirは、 6月にアップグレードされた13インチMacBook Proの発売に続きました。

Mac Studioデスクトップ、Studio Display、M1搭載のiPad Air、最新のiPhoneSEが3月に発売されました。BloombergのMarkGurmanは、Appleが秋から2023年にかけてパイプラインに新製品の「洪水」を抱えていると報告しました。

ウェアラブルの収益は約8%減少しましたが、iPadユニットは2%減少しました。全体として、Appleは依然として6月四半期の収益記録を樹立し、830億ドルを獲得し、1株当たり利益は1.20ドルでした。

ここ数週間の他のハイテク巨人のように、 Appleは潜在的な景気後退と不況に直面して雇用を遅らせることを計画してます(Mチップ開発は例外)。

(via The Verge

Last Updated on 2022年7月29日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。