Qualcomm、まもなくiPhone 5向けの4G-LTE通信チップの生産を開始か

6a0120a590293d970b016767063b11970b-800wi
サプライチェーンからの情報によると、Qualcommは28nmプロセスを用いた第6世代のiPhone用4G通信チップの生産をTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)において準備を進めているとのことです。(AppleInsider)

また、Broadcomは同じくTSMCでWi-Fiチップ、(CMOSの)OmniVisionもTSMCでの生産準備を行なっているとのことです。

ほかにSTMicroelectronicsがMEMSデバイス、NXP SemiconductorsとTexas Instrumentsがアナログ集積回路を担当するとのことです。

関連記事→次期iPhone 5はAirDropを採用か?Qualcommの「BCM4334」はデュアルバンド・Wi-Fiダイレクトをサポート

Last Updated on 2016年10月15日 by M林檎

コメントを残す