次期macOS 10.15では、Apertureが動作せず!Photosや Adobe Lightroom Classicに移行することを推奨

Apple純正写真編集アプリのApertureは、2015年4月に公開されたPhotosの登場により、Mac App Storeから削除されました。 しかし、Appleは、それまでに入手していたユーザー向けにMojaveまでは、Apertureを利用できるようにしていましたが、ついに次期macOS …

記事全文を見る>> 

macOS 10.15コンセプト画像!スクリーンタイムはこうなる?

デザイナーのJacob Grozianが、macOS 10.15コンセプト画像を公開し、導入されるスクリーンタイムのデザインを予想しています。 スクリーンタイムの基本的なデザインは、すでにスクリーンタイムが導入されているiOSのように棒グラフで、毎日のアプリごとの使用時間が表示されています。(画像は …

記事全文を見る>> 

次期macOS 10.15に「Siriのショートカット」「スクリーンタイム」「iMessageスクリーンエフェクト」を搭載!

次期macOS 10.15に「Siriのショートカット」「スクリーンタイム」「iMessageスクリーンエフェクト」を搭載することが、9to5MacのGuilherme Rambo氏によって明らかになりました。 これらの機能は、6月に開催する今年6月にAppleのWorldwide Develope …

記事全文を見る>> 

Apple、次期macOS 10.15で「サイドカー」というiPadを外部ディスプレイ&ペンタブレットにする機能を搭載

Appleは、次期macOS 10.15で「サイドカー」というiPadを外部ディスプレイにする機能を搭載することを計画しています。 この機能は6月のWWDCで、この機能が公開される見込みです。 Appleの内部で「サイドカー」と呼ばれるこの は簡単なメニューからアクセスできます。この新しいメニューは …

記事全文を見る>> 

Apple、Mojaveの後継となるmacOS 10.15にアップグレードする前にレガシービデオフォーマットのファイル変換を求める!

Appleが、Mojaveの後継となるmacOS 10.15にアップグレードする前にレガシービデオフォーマットのファイル変換を求めるサポート文書を公開しています。 理由は、QuickTime 7のフォーマットやコーデックを使って作成されたファイルについて、新OSにアップグレードした後、互換性のないフ …

記事全文を見る>> 

2019年公開の次期macOS、デベロッパーIDで署名された認証ソフトウェアのみ動作!

現在、Mac App Store以外から入手するソフトウェアの安全性を確認するためにmacOSには、Gatekeeperという仕組みが組み込まれています。 Appleは、開発者に向けて2019年の春からmacOS Mojaveでは、認証ソフトウェアであることを際立たせると発表しています。 そして、2 …

記事全文を見る>>