青汁王子(三崎優太)の恋愛観は「男女の利害をロマンティックに包んだ幻想」と言う理由

青汁王子は、いつも自分は結婚できないと言っている。
美男子だし、YouTubeで見ても誠実そうだし、すぐに結婚できると思ったが、本人は、その気はないようだ。

それには青汁王子の「男女の利害をロマンティックに包んだ幻想」という恋愛観が影響しているようだ。

具体的には、恋愛はお金のためであったり、相手の肉体が欲しかったり、相手の地位に魅力を感じたり、相手の美形にひかれ独占したくなったりというような自己利益、自己満足を満たすためだと考えているようだ。それを美しくオブラートで包んだものが青汁王子の考える恋愛だ。

青汁王子(三崎優太)が「金で愛は変えないが、有名人の女を買えるのが港区六本木」だと暴露

青汁王子こと三崎優太が「乱交好き」と告白

それには共感できる部分もある。仲には無私の愛というものもあることも事実だ。

だが、最終的な結婚になると、打算的なことが多くなってくる。それも年齢が高くなればなるほど打算的になっていることは事実だ。

恋愛観は、人それぞれなので、青汁王子の考え方もありだが、お金持ち特有の考え方だとも思えてくる。

レイニーS

Last Updated on 2022年12月5日 by Editor

Visited 3 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です