林芳正(リンホウセイ?)外相が、なぜ、習近平から訪中の招請を受けるのか?夫人を同伴せずに訪中、ハニトラ接待か?

岸田首相が、17日に習近平国家主席との首脳会談で、中国側から招請を受けている林芳正外相の訪中を調整していくと発表した。

なぜ、林芳正の招請なのか?

林芳正外相は、親中派と言われ、外相になる前には、年間に7〜8回も単独で中国に訪問していた。そこまで訪中する理由(疑惑)は、美女接待を受けるためだ。実はハニトラ疑惑については、安倍元首相が、林議員はハニトラにかかっていて証拠も持っているkとを聞いたと大王製紙元会長の井川元彦氏が述べていた。

林芳正外相は、岸田首相がロシアや中国の非難をするのにも関わらず、岸田首相とは全く別の態度をとっている。

それは中国批判を一切しないことだ。親中派であることは分かるが、自分をい任命してくれた首相と距離を置いたスタンスを貫くのは以上だ。そして、決して新台湾の態度はとらず、外交上で中国を優先し台湾を排除する主張は一貫している。

今回の習近平からの林芳正外相招請について不思議なことがある。公式に招待されているにも関わらず、林芳正外相は夫人を同行しないことだ。

通常、外相の訪問であれば、夫人が同行するが、林芳正外相は、まさに中国でリンホウセイになりきって、接待を受けるつもりらしい。

どのような接待か分からないが、日本での国会中のにも公用車を使ってセクシーヨガに行くのが好きな人だから、その行動は自ずと分かる?

あくまでも疑惑に過ぎないのだが。

レイニーS

Last Updated on 2022年11月21日 by Editor

Visited 3 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です