Apple、iOS 16.1 RC、iPadOS 16.1 RC、macOS Ventura RCが来週の一般公開に先立って開発者に公開

Appleが、iOS 16.1 RC、iPadOS 16.1 RC、macOS Ventura RCが来週の一般公開に先立って開発者に公開しました。

一番ユーザーの多いiOS 16.では、iPhone XR、11、12 mini、13 mini のバッテリーのパーセンテージが有効になります。Apple はバッテリー インジケーターを微調整して、パーセンテージが有効になっているときに動的なアイコンが表示されるようにしました。

このアップデートでは、クリーンエネルギー充電オプション、イブアクティビティAPI、Matter プロトコルの早期サポートも追加されています。iPad ユーザーの場合、iPadOS 16.1は2018・2020 iPad Pro 用の新マルチタスク機能Stage Managerを提供します。

iOS 16.1 の主要な変更点は次の通りです。

  • ライブアクティビティ: ライブ アクティビティを使用すると、ロック画面から直接、リアルタイムで起こっていることを把握できます。
  • ライブ アクティビティ API: 進行中のスポーツ ゲームをフォローしたり、ライドの進行状況を追跡したり、一目で注文したりできます。新しい開発者 API を使用して、お気に入りのサードパーティ アプリのライブ アクティビティを一目で確認できます。
  • Apple Wallet アプリを削除できる: iOS 16.1 では、ユーザーが初めて Wallet アプリを削除できるようになりました。ご想像のとおり、Wallet アプリを削除すると、Apple Pay、Apple Cash、Apple Card など、さまざまな機能が使えなくなります。
  • Matter のサポート: Matter は、互換性のあるアクセサリがプラットフォーム間でシームレスに連携できるようにする新しいスマート ホーム接続規格です。
  • iCloud共有フォトライブラリ: 最大 6 人のユーザーが共同作業、投稿、楽しむことができる個別の iCloud ライブラリを使用して、家族が写真をシームレスに共有する新しい方法です。ユーザーは、個人のライブラリから既存の写真を共有するか、開始日または写真に写っている人物に基づいて共有するかを選択できます。
  • クリーンエネルギー充電: クリーン エネルギー充電は、グリッドがよりクリーンなエネルギー源を使用している場合に充電時間を最適化することで、iPhone の二酸化炭素排出量を削減することを目的としています。

OSの「Release Candidate(RC)」と「 Golden Master(GM)」の違いは?

Apple によると、iOS 16.1 とその他のソフトウェア アップデートは 10 月 24 日月曜日(米時間)に公開される予定です。iPadOS 16.1 が iPadOS 16 の最初の公式リリースになることは注目に値します。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年10月19日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です