iFixit、Apple Watch Ultraの分解動画を公開

iFixitの動画は、Appleサイレンの動作を示すところから始まります。Apple Watch Ultra のスピーカーは、他のどのモデルよりも目立ち、音量も大きくなっていますが、iFixit は十分な音量ではないと考えています。

次に、Apple Watch Ultraを開くために、同社は Derek Wise氏と同じ手順を実行しました。彼が数日前に行った手順は次のとおりです。

Apple Watchの底面には4つのP5ペンタローブネジがあります。これらは MacBookの底面に付いているネジと同じ種類のもので、フィリップスドライバーやマイナスドライバーほど一般的ではありませんが、ペンタローブドライバーも珍しくはありません。

これらの 4 つのネジを取り外した後、最初の問題が発生しました。各ネジの周りに非常に小さなOリングがあります。これらは、間違いなく、Appleのハイエンドスマートウォッチの極端な防水評価の一部です。最初の4本のネジを元に戻そうとしたとき、Oリングがその場所から部分的に滑り落ちることなく締めることはほとんど不可能であることがわかりました。

WiseとiFixit が指摘しているように、Apple Watch Ultraは正確には接着されていません。つまり、修理後にデバイスを再封するだけでは簡単ではありません。おそらく、ゴム製のOリングの方が修理しやすい固定具だったのでしょう。

もう 1 つの重要な側面は、時計の下部からバッテリーを取り外すことができないことです。つまり、画面から開ける必要があります。iFixitのケースの専門家でも、ディスプレイが壊れました。

同社はまた、Apple Watch Series 8とUltraバージョンの内部の違いも示しています。バッテリー、スピーカー、タプティックエンジンは、デバイスごとに際立っています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月27日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です