[警告]iOS 16.1 BetaにiPhone 14 ProのGPS機能を壊すバグ

iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxの所有者は、iOS 16.1 ベータ版により、多くのユーザーのデバイスでGPS が適切に機能しないことに注意する必要があります。位置追跡に依存している人は、今のところベータ版を避けるべきです。

バグはベータ版ソフトウェアによくあることですが、この問題は iPhoneのコア機能に影響を与えるため、この警告を共有するよう促されました。すでにiOS 16.1ベータ版をインストールしている

iPhone 14 Proユーザーは、GPS機能を復元するには、iOS 16.0.1 にダウングレードするか、iOS 16.1 ベータ版で問題が修正されるまで待つ必要があります。バグの原因は不明です。

Apple Watch Ultraと同様に、iPhone 14 Proはデュアル周波数 GPSサポートを備えています。これは、iPhone が従来のL1周波数と高出力の L5 周波数の両方で動作するGPS衛星からの信号を受信できることを意味します。

これにより、建物や樹木などの障害物をより適切に通過できます。2 つの信号を組み合わせることで、地図アプリなどでの位置精度が向上するはずです。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月18日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。