外界との接触がなかった先住民族の最後の生き残りが死亡

「世界で最も孤独な男」と呼ばれた最後の先住民ブラジル人が、ほぼ30 年間完全に孤立した状態で過ごした後、亡くなりました。
「穴から来た男」としても知られるこの男は、ブラジルのロンドニア州の奥深くにあるタナルーの先住民族の土地で、26年間完全に孤立して暮らしていました。

その男のニックネームは、深い穴を掘る習慣から付けられました。穴のいくつかは動物を捕まえるために使用され、他のものはおそらく隠れるために使用されました。

男性は外界との接触を避けていましたが、地元当局は遠くから彼を監視し続け、時には彼のために物資を置いていきました。
テレビ、iPhone、インターネットなどの言葉は何の意味もなかった最後の人が亡くなりました。

サバイバル・インターナショナルによると、残りの部族は1970年代の襲撃によって、ほとんどが牧畜民や土地収奪者によって滅ぼされたということです。

サバイバル・インターナショナルの調査・擁護担当ディレクターであるフィオナ・ワトソン氏は、「部外者はその男の名前や部族さえも知らず、彼の死で彼の人々の大量虐殺は終わりました」「それは本当にジェノサイドだったからです。土地と富に飢えた牧畜民による意図的な殺人です」

8月23日、ブラジル先住民庁の職員が、小屋のハンモックに横たわっている男性の遺体を発見した。彼は60歳だったと信じられています。
目撃者は、闘争、暴力、または他の人々の存在の兆候を発見しませんでした。自然死であり、遺体は連邦警察による法医学検査を受けます。

サバイバル・インターナショナルによると、放棄されたキャンプ場には彼の人生の痕跡が残っており、トウモロコシやパパイヤなどの作物を植え、わらの家を建てていました。

(via anomalien.com

Last Updated on 2022年9月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。