フランス税務当局、AIを利用し衛星写真から隠されたプールを見つけて課税

フランスのIT企業Capgeminiが開発した人工知能コンピュータービジョンシステムを使用して、フランスの税務当局(しばしば「Le Fisc」と呼ばれる)は、以前は申告されていなかった20,356の住宅用プールを特定しました。The Guardianによると、これにより 1,000万ユーロ(約139億円)の追加税収が発生し、別館やベランダなど、申告されていないその他の建築物に政府が課税する道が開かれました。

申告されていないプールを見つけるために、Capgeminiのソフトウェアは、Googleのクラウド処理の助けを借りて、航空写真のプールを自動的に認識し (たとえば、青い四角形を探すことによって)、その結果を不動産および税金データベースのレコードと比較します。関連するアドレスにプールが登録されていないことが判明した場合、所有者は税法に違反しています。

このプログラムは昨年10月に限定的に開始され、大都市の96エリアのうち9エリアのみを対象としていました。当初、このシステムは 30%のエラー率でスイミングプールとソーラーパネルを混同していましたが、その後精度が向上したとLe Fisc は述べています。

フランス政府は、所有者がプールなどの追加または改善を行うと増加するレンタル価格に基づいて不動産に課税します。たとえば、30平方メートルのプールでは、年間約 200ユーロ(約28,000円)の追加税が発生します。最近の熱波により、フランスでは最近、プライベートプールの人気が高まっていますが、歴史的な干ばつの間の水の使用増加が原因で物議をかもしています。

フランスの新聞Le Parisien は、登録されていないプールを発見するプロジェクトについて、多少物議をかもしていると報じていますが、それはあなたが予想するような理由からではありません。パリに本社を置く多国籍IT企業であるキャップジェミニは、プロジェクトのクラウド処理の下請け業者としてアメリカの技術大手Googleを使用したことで非難されています。

Google には、フランス政府との税務紛争の長い歴史があります。論争はさておき、Le Fisc はまもなくこのプログラムを全国に展開する予定であり、その結果、推定 4,000万ユーロ(約556億円)の追加税収がもたらされます。

(via Arts Technica)

Last Updated on 2022年8月31日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。