ティム・クックCEO、インタビューでAppleの職場文化、製品イノベーション、iPhoneとMac の自己修復サービス、スティーブ ジョブズなどについて語る

ティム・クック アップルパーク


Popular Mechanicsの特別版に掲載されたインタビューで、クック氏は革新的な新製品を生み出すという Appleの哲学と、Apple が革新の環境をどのように育んできたかについて説明しています。

私たちは自分ができることとできないことについて議論します。本当に信じられないアイデアに時間を費やすことができるように、多くの素晴らしいアイデアについて議論し、(ダメならば)ノーと言わなければなりません。

クック氏が最初にアイデアを聞いて「それはクールだ」と言ったことがあるかどうかを尋ねると、Apple のM1およびM2シリコン チップと、Apple が自社製品用のチップを作成してきた豊かな歴史についてスタッフと話したときのことを思い出すとのことです。

私たちは、ラップトップについても同様の問題を抱えていることに気付きました。世界で最も強力なコンピューター チップをどのように搭載するのでしょうか? そこからM1が生まれ、M2でさらに進化しました。そして、Macは以前とはまったく異なる製品になりました。

クック氏はまた、アップルは人々が「ノー」という答えを受け入れない環境であると説明し、何かが不可能であると主張することは、Appleのエンジニアにとってモチベーションの原動力であると述べました。

通常、ここにいる人々に何かをさせる方法は、それが実行可能かどうか確信が持てないことを彼らに伝えることです。ここでは多くの人が「不可能」を真実として受け入れていないため、それがユーザーにとって最善の利益であると確信できれば、それは問題を解決するための強力な力となります。

クック氏はまた、プライバシーの問題にも触れ、Apple はプライバシーは「基本的な人権」であると考えていると述べ、プライバシーに焦点を当てた機能でユーザーに力を与えるという同社の取り組みをコア哲学として説明しました.

Apple の国際的な役割に触れて、Cook 氏は、Apple には、プライバシー、教育、アクセシビリティ、環境など、同社の北極星である一連のコアバリューがあると述べました。Cook はまた、最近 Mac 向けに開始された Apple の新しいセルフサービス修理プログラムについて初めて公にコメントした。

そこには実際に誰にとっても何かがあります。私たちはより広い視野を持って、「人々は何を望んでいるのか?」と考えました。まず第一に、彼らは壊れない製品を望んでいます。ですから、私たちは長持ちする製品を作るために一生懸命努力しています。それが一種の仕事です。

しかし、修理のためにどこかに行かなければならない人もいます。また、修理センターを見つけるために 2 時間運転する必要はありません。そのため、何千もの独立した修理工場を追加しました。

それに加えて、愛好家やいじくり屋のために、「認定部品を販売します」と言いました-修理に使用する部品。修理を購入する代わりに、部品自体を購入することができます。また、何かを行う方法を説明するマニュアルが必要な場合は、マニュアルを入手できます。また、特殊な工具や固定具が必要な場合は、それも提供できます。

インタビューの最後に、クックはスティーブ・ジョブズ氏が今日のAppleについてどう思うかを尋ねられた. 彼は、ジョブズ氏がいくつかのことを気に入ると思うと答えたが、他のことについては、Apple がもっとうまくできると彼が言うかもしれないことを認めました。

私は彼のことをよく考えています。彼がいなくて寂しいのです。彼はいつも外出先で私のオフィスに立ち寄っていました。そして、これに代わるものはありませんでした。当日はちょっとした情報を交換し、将来について話しました。そして私たちは、人々の生活を豊かにする世界最高の製品を作るという、彼が設定した使命を遂行しようとしています。そして、それは変わっていません。多くのことが時間とともに変化します。しかし、私たちの存在理由は同じです。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月26日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。