Apple、WiFiの改善とバグ修正のためBoot Camp をアップデート

Appleは2022年8月22日、Windowsを Intel ベースの Macで実行できるようにするソフトウェアである Boot Campの新しいバージョンをリリースしました。

Boot Camp 6.1.16 は、マイナーな問題に対処するバグ修正アップデートであり、Bluetoothおよび WiFi ドライバーの安定性の問題を修正した以前の 6.1.12 アップデートに取って代わります。

アップデートのリリース ノートによると、このソフトウェアはWiFi WPA3サポートを導入し、スリープまたはハイバネーションからの復帰時に発生することがある Bluetoothドライバーの問題を修正します。

Boot Camp ユーザーは、Windows の [スタート] メニューに移動し、Apple Software Updateアプリを開いて、新しい Boot Campドライバーをインストールできます。

Boot Camp は、古いIntelベースのMac でのみ利用できる機能です。Apple シリコンMac とは互換性がなく、これらのマシンは仮想化ソフトウェアを使用しない限り Windows を実行できません。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月23日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。