Apple、macOS Ventura のネットワーク環境機能を削除

macOS Venturのシステム設定アプリの再設計に加えて、Appleはアプリの長年のネットワーク環境機能を削除しました。この機能により、ユーザーは自宅や職場などの場所に応じて、Wi-Fi、イーサネット、およびその他のネットワーク設定のさまざまなセットをすばやく切り替えることができました。

macOS Ventura がまだベータ版であることを考えると、ネットワーク環境機能がある時点で復活する可能性は常にありますが、Appleが機能の欠如に関するTyler Loch氏のバグ報告を「現在の設計どおりに動作する」とマークしたことを考えると、これはありそうにありません.

Appleはサポート ドキュメントで、ネットワークネットワーク環境機能は以下のような状況で役立つ可能性があると述べています。

– 職場と自宅で同じ種類のネットワーク (イーサネットなど) を使用しているが、職場で使用している設定では、Mac が自宅の同じ種類のネットワークに自動的に接続できない。

– お使いの Mac は職場と家庭で複数の種類のネットワークサービス (Wi-Fi とイーサネットの両方など) に接続していますが、職場では Mac を最初にイーサネット ネットワークに接続してみて、自宅ではMacは最初 Wi-Fi ネットワークへの接続を試みます。つまり、場所ごとに異なるサービスを設定する必要があります。

– Macがネットワークに接続されておらず、現在のネットワーク設定を失うことなく、テスト目的でネットワーク設定をすばやくリセットしたい。

Snell氏によると、Apple のコマンドラインツール「networksetup」は最新の macOS Ventura ベータ版にもまだ存在するため、サードパーティの開発者が介入してアプリをリリースし、システム設定アプリで削除されたネットワーク環境機能を置き換えることができます。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月14日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。