【スペースサイエンス】NASA、遠方の惑星に存在するかもしれないエイリアンの兆候を検出する計画


画像ソース:NASA

NASAは、遠方の惑星において生命の兆候を検出するのに役立つ大胆な新しい計画を立てています。
この計画は、新しい望遠鏡システムに大きく依存しています。

遠方の惑星の生命の兆候を検出する新しい計画は、NASAの先端概念研究所の一部です。研究所は、風変わりなアイデアをサポートすることで有名になりました。NASAは2011年に研究所を再設立しました。それ以来、NASAは3フェーズプログラムで複数のプロジェクトをサポートしてきました。

複数のプロジェクトがサポートされているにもかかわらず、フェーズⅢまで進んだのは3つだけです。この新しいプロジェクトはその3つのうちの1つであり、フェーズIIIに進むことのメリットの一部は、ジェット推進研究所に割り当てられた200万ドルの資金です。

プロジェクトの主任研究員であるSlava Turyshev氏は、The Aerospace Corporationと遠方の生命の兆候を確認するために研究面で協力しました。

遠方の惑星の生命の兆候を検出するNASAの新しい計画について最も興味深いことの1つは、打ち上げのセットアップです。チームは、目的地に到達するまでに時間がかかる巨大な宇宙船を打ち上げる代わりに、複数の小さな宇宙船を打ち上げることを提案しました。これらのCubeSat(数キログラム程度の小型人工衛星)は、太陽重力レンズ(SGL)ポイントまで25年の旅をします。

そこから、CubeSatsは、非常に大きな望遠鏡として自己集合します。ジェイムズウェッブやハッブルに似たものです。自己集合のポイントは、太陽の反対側で550〜1,000天文単位(Ⅰ天文単位は1495億9787万700メートルです。これまでのところ、ボイジャー1号は、44年間でわずか156AU進みました。

では、ほぼ半分の時間で、ボイジャー1号の現在の場所をはるかに超える地点に到達するにはどうすればよいのでしょうか。
大きなアイデアは、太陽の引力を使ったスイングバイで宇宙船を後押しすることです。以前、太陽のコロナ探査機、パーカー・ソーラー・プローブ(Parker Solar Probe)でこの方法を使用しました。しかし、遠くの惑星の生命を検出するように設計された宇宙船の艦隊全体を後押しすることは容易ではありません。

宇宙での移動中に1つまたは2つのCubeSatが失われる可能性があることを考慮する必要があるだけでなく、その通路を調整する方法も理解する必要があります。
たった1つの宇宙船を使って、それが効果的で可能であることが証明されれば、ジェイムズ・ウェッブがすでに行っているよりも、遠くの惑星をより深く研究するための素晴らしい方法になるかもしれません。

(via BGR

Last Updated on 2022年7月27日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。