Googleカレンダー、スパムの招待を簡単にブロックできるように改良

Googleは今週、Googleカレンダーでのスパム招待の数を減らすのに役立つ新機能を導入します。Googleカレンダーにはスパムを防ぐためのツールがありますが、今月公開される新しいカレンダーはこれまでで最高かもしれません。

新しくアップデートされるGoogleカレンダーはスパムの招待に対して反撃します
スパムの招待に対抗するために、 Googleは、イベントがあなたの知っている送信者からのものである場合にのみカレンダーにイベントを表示する新しいオプションを追加しました。

このオプションを選択した場合でも、不明な送信者からの電子メールイベントの招待状を受信しますが、それらを受け入れることを選択した場合にのみカレンダーに表示されます。それは完璧ではありませんが、正しい方向への一歩です。

知っている送信者には、同じ会社ドメインの人、連絡先リストの人、以前にやり取りしたことがある人が含まれます。新しい機能を使用することを選択した場合、これらの招待状は引き続きカレンダーに自動的に表示されます。

カレンダーには、3つの選択肢があり、既知の送信者からの招待を許可するだけでなく、すべての招待をカレンダーに自動的に追加するか、メールで招待に返信した後にのみ招待が表示されるようにすることもできます。

Googleによると、既知の送信者オプションは7月20日にすべての人に公開され始めました。表示されるまでに最大15日かかる可能性があるため、この機能はまだ表示されない場合があります。

この機能がアカウントに適用されているかどうかを確認するには、任意のブラウザでGoogleカレンダーにアクセスしてください。右上隅にある歯車のアイコンをクリックしてから、[設定]をクリックします。[全般]タブで、[イベント設定]に移動します。[カレンダーに招待状を追加]ドロップダウンメニューをクリックして、[送信者がわかっている場合のみ]オプションを選択します。

(via BGR

Last Updated on 2022年7月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。