【ライフスタイル】幸福のためにApple Watchを活用する方法

Apple Watchの機能は、初代から徐々に増えてきて、現在では運動、スポーツ、健康管理など、生活の多くのシーンで活躍する多機能ウェアラブルデバイスとなっています。

筆者も、最近は寝ているときに着用していて、睡眠時間や脈拍、呼吸、睡眠時間を計測する世にしている。これによって、十分睡眠がとれているのか、睡眠時無呼吸症候群の傾向がないのかを確認しています。

しかし、これ以外に人間の心を自然に案手させ、結果的に脳機能を変化させるマインドフルネスの機能尾をもっている。このマインドフルネスアプリは、瞑想的な呼吸をサポートする機能で時間は、1分から5分間までを選択できます。

最初は1ふっbないし2分くらいから始めるのがよいかもしれません。3分は、慣れてくると短く感じるのですが、初心者は意外と長く感じます。それは鼻からゆっくりと息を吸って、口から息をゆっくりと吐く腹式呼吸法に慣れていないからです。この呼吸は、おなかに吸い込むように行うのがみそですが、最初は、なかなか行うのが難しいものです。

この呼吸はApple Watchの画面と振動によってガイドされます。吸う時間をサポートするように画面では、花が開きApple Watchがブブブルと振動し、呼吸のガイド役してくれます。吐くときは何もガイドがないので、ゆっくりとおなかを使って息を吐きます。

マインドフルネスの短期的な効果は、呼吸をすることによっての鎮静効果です。緊張したときに深呼吸をするように呼吸は、精神に影響を与える自律神経系(副交感新鋭)と密接に関わっています。
さらにマインドフルネスは、長期間行うことによって脳の機能を変化させていきます。それは、幸福感とかをつかさどる脳内部位の活動を活発化させてくれます。

したがって、本当に心を落ち着かせたり、自然な幸福感を味わったり、不安感を和らげたい人にはこのマインドフルネスはおすすめです。

これによって、次第に自分自身の人格が柔らかくなり、他者との関係作りもうまくいくようになってきます。しかし、短期間で効果の出るものではありませんから、Apple Watchを使って、記録に残しながら、その記録を励みにしながら行うのがベターです。

 

 

Last Updated on 2022年7月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。