アナリスト、現時点でAppleのサプライヤーは12インチMacBookを「知らない」とのこと!

優れた実績を持つディスプレイアナリストRoss Young氏は、Appleシリコンチップを搭載した12インチMacBookのリフレッシュの可能性について「懐疑的」だと述べています。

6月の初め、Bloombergのレポートによると、Appleはディスプレイサイズが約12インチの小型のM2搭載MacBookモデルを開発しているとのことです。Appleが2019年に12インチMacBookを殺して以来 、これは最初のポータブルMacとなるでしょう。

しかし、Display Supply Chain Consultants(DSCC)のRoss Young氏はこの噂に疑問を表明しており、Appleは現在より大きなディスプレイを備えたMacBook Airに焦点を合わせていることを示唆しています。

ただし、12インチのMacBookの更新がプロトタイピングの初期段階にある可能性もあります。これは、そのリリースに関連する情報がまだサプライチェーンパートナーに届いていないことを意味します。

元のブルームバーグのレポートは、12インチのラップトップが廃止されたMacBookの直接の後継になるとは主張していなかったが、このデバイスはAppleの「数年で最小の新しいラップトップ」になると述べました。

レポートによると、同社は最近の再設計に基づいて15インチのMacBookAirにも取り組んでいます。12インチMacBookモデルと15インチMacBookAirはどちらも、ある種のM2チップセットを搭載し、2023年後半または2024年初頭までに発売の準備が整う可能性があります。

(via AppleInsider

Last Updated on 2022年6月14日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。