WWDC 2020で発表されるwatchOS 7の新機能の一部が判明

9 to 5 Macが、iOS 14の内部コードから見つかったwatchOS 7の新機能の一部を紹介しています。

新機能は、新ウォッチフェイス、タキメーター、写真アルバムのサポート、キッズモード、血中酸素検出、スループトラッキング、CarKeyなどです。

watchOS 7にはApple Watchのウォッチフェイスの新しいコレクションが含まれることを期待しています。おそらく最も注目すべきは、Appleがタキメーターを内蔵した新しいInfograph Proウォッチフェイスを計画しているようです。

タキメーターとは正確には何ですか?これは、基本的には文字盤の周りにあるアナログ時計の目盛りであり、一般的に移動時間に基づいて速度と距離を測定するために使用されます。これは、デジタル時計にアナログ時計の特性をもたらすというAppleの傾向を継続しています。

さらにウォッチフェイスにInternationalと呼ばれる新しいデジタル時計面が含まれる予定です。名前が示すように、この顔にはさまざまな国の旗が表示されます。旗のデザインは、写真のウォッチフェイスと同様に、ウォッチフェイス全体を占めます。

また、watchOS 7にはiPhoneまたはApple Watchの写真アプリの画像を使用してパーソナライズされたウォッチフェイスを作成するための新しいオプションも含まれます。 watchOS 7は共有アルバムのサポートも追加します。

さらに、watchOS 7とiOS 14には、子供が使用するApple Watchを保護者が簡単に管理できるように設計された新しいキッズモード機能も含まれる予定です。

今年のwatchOS 7には、少なくとも2つの新しいヘルス機能が追加されています。

血中酸素検出は、目玉の機能です。アラームはApple Watchのスリープトラッキングと完全に統合されます。たとえば、目覚め、アラームの前に動き回ると、アラームは自動的にオフになります。 「スリープモード」では、ディスプレイを暗くしたり、サイレントモードを有効にしたりすることが想定されています。

ユーザーはiPhoneとApple Watchを使用してCarKey機能で。車のロックを解除して制御できます。

Last Updated on 2020年6月15日 by M林檎