Apple、10.8インチ‌iPad‌ Airと23インチ‌iMac‌を今年後半、8.xインチ‌iPad‌ miniとミニLEDディスプレイの12.9インチiPad Proを2021年の前半に発売か?

台湾のDigitimesによると、情報筋の話しとして、Appleは、10.8インチ‌iPad‌ Airと23インチ‌iMac‌を今年後半、8.xインチ‌iPad‌ miniとミニLEDディスプレイの12.9インチiPad Proを2021年の前半に発売する計画だとのことです。

Appleは、2020年のiPad iPad Airのサイズを2019年に発売された10.2インチに比べて10.8インチに拡大すると予想されていると情報筋は語り、新しいiPad iPad Airの量産は2020年第3四半期に始まると述べました。

WWDC20では、以上のハードウェアは発表されず、2021年にMacがARMチップに移行する計画が発表される模様です。

(via MacRumors

フォローをどうぞ!

最終更新日: