ARM12コアプロセッサ搭載のMacを2021年までに発売

アナリストのMing-Chi Kuo氏のレポートによると、Appleは今後のiPhone 12モデルでA14チップをベースにした3つのMacプロセッサーを開発しているとのことです。

これらのプロセッサの少なくとも1つは、iPhoneおよびiPadのAシリーズチップよりも明らかに高速です。 A14チップと同様に、Macプロセッサは5nmプロセスに基づいてTSMCによって製造されることが期待されています。

レポートによると、Appleの最初のMacプロセッサには、8つの高性能コアと少なくとも4つのエネルギー効率の高いコアを含む12のコアがあります。 Appleは、12コアを超えるMacプロセッサを将来さらに検討しており、すでにA15チップをベースにした第2世代のMacプロセッサを設計していると言われています。

(via MacRumors