13歳のハッカーがAppleの社内サーバーに不正アクセスした理由は「Appleで働きたかった」から!

先日、オーストラリア在住の13歳のハッカーが、VPNやツールを利用してAppleの社内サーバーに不正アクセスし、社内ドキュメントを入手しました。

しかし、アクセスを調査したAppleにご用途なり、FBIに通報され、オーストラリアの国家警察に身柄を拘束されました。

少年は保釈金500ドル(約5万4000円)で釈放され、今後9カ月間の保護観察処分を受けました。

幸いにもこの不正アクセスによるAppleの損害はありませんでした。

少年が不正アクセスした理由は、Appleで腹来たかっため、その技術力見せたかったとのこと。また、他にも不正アクセスに成功した知り合いがいたことも理由の一つです。

(via GIZMOOD