前代未聞!iOS 9のコアコンポーネント「iBoot」のソースコードがネット上に流出!

iOS 9のコアコンポーネント「iBoot」のソースコードがネットに流出しているとMotherboardRedmond Pieが述べています。

「iBoot」のソースコードは、iOSの起動部分を期さしたコードですから、ハッカーが非常に興味を持つコードです。

このコードは、Redditで数か月前にオンラインで共有されいましたが、全く注目されず、GitHubに転載されてから注目され始めました。

Motherboardが、セキュリティ専門家に「iBoot」のソースコードを調べてもらったところ、本物に間違いないとの回答を得たとのことです。

GitHubのファイルは、完全なものではないためコンパイルはできませんが、「iBoot」のソースコードは、Appleが、近年macosとiOSの一部をオープンソースにしながらも、絶対に公開しなかった部分で、ハッカーがこの情報を悪用する可能性があります。

Appleは、iOS 11でかなりの変更を行い、iOS 9のソースコードとは大きく変化している可能性がありますが、内部にはiOS 9当時のコードも残っているいると考えられます。

このソースコードの流出という事実は、Apple社内のセキュリティ管理体制を揺るがすものです。

今後のAppleのコメントと対応に注目が集まります。

(via MacRumors

Appleが、漏洩下コードはセキュリティ上問題内と述べています。漏洩の経緯の記事も追加しました。以下の記事をご覧ください。