正確な心拍数を計測する「Apple Watch」がユーザーの命を救う!

Apple Watchの心拍測定で、安静時に心拍数が異常に高いことがあると、何かの疾患を警戒した方がよいかもしれません。

ブルックリンに住む28歳のJames Green氏は、主に通知機能やバイクのトラッキングに利用するためにApple Watchを購入していましたが、健康にも気遣い「HeartWatch」というApple Watchで計測した心拍数をiPhoneでデータ管理してくれるアプリをインストールしていました。

そして食物や水分摂取、睡眠、心拍数などのデータをすべて追跡する習慣を身につけました。
Green氏は、ある時、「HeartWatch」から心拍数が異常高いという通知を受けました。

実は彼は自分が気づかないうちに肺の血管が詰まり、死にも至る病気である肺塞栓症にかかっていました。肺塞栓症の症状としては、軽い時は自覚症状はありませんが、重くなると心拍数が上がったりショック症状が現れたりして、死に至ることもある恐ろしい病気です。

彼は、心拍数の通知と過去から蓄積した「HeartWatch」のデータによって、自分が悪い病気にかかっていると思い、医師の診察を受け、肺塞栓症と分かり命拾いをしました。

(via Cult of Mac

このようにApple Watchの心拍測定は、病気の危険を知らせてくれることがあります。

筆者自身も体重が急増したときに、睡眠中、一時的に心拍数が120〜130になっていることを過去のデーターで知り、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるとこに気がつきました。
現在は減量中で徐々に改善してきています。

アップデート:命を救われたのは以下のTwitterの写真の人です。