iOS 11で採用された「JPEG」に換わる画像フォーマット「HEIF」のメリットは?

HEIF(High Efficiency Image File)のメリットは、今までのカメラアプリの画像フォーマットのJPEGに比べて、半分のデータサイズで、さらに綺麗な画像で保存できることです。

HEIFには以下のメリットがあります。(HEIFは、HVECまたはH.265形式の静止画バージョンです)

・JPEGに比べて約半分のファイルサイズで、さらに画像が綺麗。

・HEIFではライブフォトを簡単に作成でき、GIFアニメーションのような使い方ができる。

・JPEGは単一の画像ですが、HEIFは単一の画像または一連の画像にすることができ、Live 。
Photosに対応できる。

・JPEGの8ビットカラーと比べて最大16ビットカラーで保存できる。

・カメラから10ビットで出力されるカラーをすべてカバーできる。

・画像を変更したり再保存することなく、画像を回転して切り取ることが可能。いつでも回転や切り取った画像編集を元に戻すことができる。

・iOS 11では、HEIF画像のエクスポート時にはJPEGに自動変換。

以上がHEIFのメリットです。Appleのオリジナルフォーマットではないので、早く一般に普及して欲しいですね。


(via Cult of Mac