iFixit、21.5インチiMac(2017)4Kモデルを分解!RAMもCPUもオンボードのハンダ付けではなかった。

iFixitが、発売さればかりの21.5インチiMac(2017)4Kモデルを分解しました。驚いたことにRAMもCPUもモジュラー方式になっていました。少なくともRAMについては、スペック上、オンボードとなっています。

iMacは、ガラスパネルが接着されているなど、非常に分解しにくい構造になってるため、技術が必要なので一般人は分解しない方がいいようです。

ただ、技術があれば分解してRAMを換装可能だとのことです。「Kaby Lake」にアップグレードされたCPUは、モジュラー方式で取り外し可能ですが、動作上、他のCPUに交換は不可に設定されている可能性があります。

CPUについてもハンダ付け可能ですが、Intelの意向で「Kaby Lake」をハンダ好けしていない可能性があります。

iFixitは、修理のしやすさを10点中3点としています。全モデルは1点でしたから、多少向上しています。

(via 9 to 5 Mac