iFixit、「12インチMacBook(2017)」と「13インチMacBook Pro Touch Bar(2017)」を分解

MacBook-fdafadf

iFixitが、発売されたばかりの「12インチMacBook(2017)」「13インチMacBook Pro Touch Bar(2017)」を分解しています。

12インチMacBookは、CPUがアップフレードされていますが、一番大きな変更はキーストロークが少なく突き指すると言われて不評だったキーボードがMacBook Proと同様の第2世代のバタフライ構造のキーボードに変更されていることです。

12インチMacBook-1kad

キーストロークを検出するメカニカルスイッチは、以前の「x」形状ではなく、より簡単な丸いドーム型になっています。
プラスチック製のバタフライ構造は新しいスイッチにも対応し、新しいわずかに薄いフレームへ交換されているとのことです。

(個人的に気になるのは、MacBook Proと同じ第2世代のバタフライ構造であれば、タッチ音が大きいではないかということです。そこが改善されていれば最高です)

MacBook ProもCPUがアップグレードされていますが、12インチMacBookと同様、CPU、RAM、フラッシュメモリがハンダ付けされていて交換不可能です。また、MacBook ProのTouch Barは取り外しができないそうです。

両モデルとも分解修理のしやすさについてのスコアは10点中1点と最低です。

(via 9 to 5 Mac