2011年の第4四半期の販売台数でAppleが世界一のPCのメーカになることが確実!

2011q3pcmarketshareiPad2

(2011年第三四半期までの市場シェア:フォーチュン)

Appleは2011年第4四半期に約1300万台のiPadと500万台以上のMacを販売し、HPを抜いて世界一のPCメーカーになることが確実です。

伸びが著しいのがAppleとLenovoで、逆に落ち込みが激しいのが低価格路線のAcer、デスクトップPCに強いHPやDellもシェアを落とし続けています。

iPadの躍進はARMチップのシェアを広げ、IntelのAtomプロセッサの需要に影響を与えますし、Macの躍進はWindowsを販売するMicrosoftに影響を与えるなど、かなりのインパクトを持っています。

→AppleInsider

林檎1号:Wintel陣営はUltrabookで巻き返しを図りますが、果たして今年フルモデルチェンジを迎えるMacBook Airの魅力に勝てるかどうか疑問です。