デスクトップPC市場はWindows全盛?

Windows_xp_sp3

TechCrunchの記事によると、いまだにデスクトップ環境ではWindows全盛です。たとえ、OS Xの評価が高くても、デスクトップパソコンの全体の4%に過ぎません。

今後、ノートの分野でMacBook Airが売れたとしても、全体としてはWindows全盛の時代がもうしばらく続きそうです。

やはり、企業は過去の資産を受け継ぎながら仕事をしてるため、なかなか新OSに乗り換えるというのは難しい話です。企業では時に何十年も前のCOBOLのソースコードを使っている場合があるのですから、かなり保守的な市場です。

そこのAppleが食い込むのは至難の業ですが、チャンスが無いわけではありません。

ひとつは、アプリケーションがウェブベースに移行してくると、クラアイアンとのOSはブラウザとjavaがしっかり動けば、何でもよくなってくるとことが挙げられます。

それに個人ユースでMacが広まってくると、徐々にWindowsの資産にこだわらくてもよい業種でMacの導入が進んでくることが挙げられます。

でも、いまだに約10年前に発表されたWindowsXP搭載のパソコンが多く使われていたり、NTまで残っているのですから、Windowsは凄い!

黙っていても使ってくれるのですから、マイクロソフトが巨大な官僚組織になるのは必然かもしれません。それだけ人々は保守的で、私たちのようにすぐに新しいデバイスに興味を持って買おうかという人間は少数派なんすね。

でも、ノートになるとMacBook Airはいいですよ。何か当別なクライアントプログラムを動かすのではない限り、野暮ったいWindowsノートから、スマートなMacBookへの移行をお勧めします。

 →TechCrunch Japan

 

Last Updated on 2017年5月4日 by M林檎

コメントを残す