タバスコ中毒は、味覚障害か??最高の贈り物か??

なんと、最近、タバスコ中毒の知人が、私の家に宿泊してきたときに持参してきたのが、やっぱり酒とタバスコだ。

二人で近くのスパーマーケットに食料の買い出しにい行った。

食料とは、食事用のパスタとちょっとしたつまみと乾き物だ。

買い物が終わると、その知人男性と酒盛りが始まる。
パスタは、ミートソース系とナポリタンで、知人男性は、私に断りながらも、タバスコを鬼のようにパスタに振りかけるのだ。

俺は思わず叫んだ。

「そんなにかけると辛くて食べ荒れないだろう」

でも、その男は、そんな僕の声を無視して、パスタを食べ始める。
俺も恐る恐る食べるが、酒を飲みながらだったので、これまで恐れてきたほどの辛さではなかった。それよりもうま味がまして、トマト系のパスタには、非常に合うことを発見してしまった。

それから、僕の人生はタバスコ中毒に侵されてしまった。
パスタはもちろん、納豆にタバスコ、豆腐には、ポン酢とタバスコ。カツにもタバスコ。もちろん、酒を飲みながらだから成立する話だ。

それからタバスコ、タバスコ、タバスコ生活だ。

これは本来の味を無視して、全部、タバスコ味にしてしまうという食生活だ。

今では仕事が終わって、自宅でタバスコ味の食べ物と無糖の缶チューハイ!
これが最高の時間だ。

だから60ミリリットル入りのタバスコ1瓶が、1週間も持たない。でも、自分が美味いと思えば、それでいいのだ。

まずは、人生を楽しもう!

タバスコに感謝!!

モバイル林檎

Last Updated on 2024年6月22日 by Editor

Visited 45 times, 2 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です