iOS 16のメールアプリは、特定の「送信元」フィールドによってクラッシュ

iOS 16のAppleメールアプリのバグは、特別に細工された「差出人」フィールドを含む受信メールがアプリをクラッシュさせる可能性がありますが、解決策があります。

Appleのメールアプリでは、2021年の同期の問題など、以前にも散発的なバグが見られました。しかし現在、最新バージョンは悪意を持って作成されたスパムの影響を受けやすいことがわかっています。

VPN Trackerによると、この深刻な欠陥はすべての iOS 16デバイスに影響します。同社の複数のスタッフ メンバーがメールアプリが起動直後にクラッシュするのを確認した後、同社のエンジニアが欠陥を発見しました。

「チーム全員が同じスパム メッセージを受け取ったことが判明しました」と同社はブログ投稿で報告しています。「メッセージの生のソースを見ても、すぐに警告が表示されるわけではありませんでした。これは非常に基本的なHTML メールでした」

「しかし、メールのヘッダーを見ると、スパマーが「送信元」フィールドで異常なことを行っていることがわかりました」と続けています。fromフィールドの通常の電子メール アドレスの代わりに、アドレスの最初の部分が 2つの二重引用符に置き換えられました。

sender@example.comの代わりに、メッセージは””@example.comとなっていました。

VPN Trackerは、#MailJackバグと呼ばれるものが、iOS 16.1のベータ版リリースと iPadOS 16.1 にまだ存在していると指摘しています。同社は Appleに報告を提出しており、このような形式の電子メールをブロックすることを推奨しています.

「良いニュースは、メールアカウントに別の方法でアクセスできる (iOS 16 を使用していない!) 場合、クラッシュを簡単に止める方法があることです」と同社は述べています。

Appleメールアプリを別のデバイスで開くか、 icloud.comからオンラインで開くことです。
これにより、Mailはメール データベースに書き込みます。これを行うとすぐに、無効になっているメールアプリのロックが解除されます..

この脆弱性は、iOS 16およびiPadOS 16 の Apple Mailに固有のものです。Macのメールには影響しないようです。GmailとYahooは、すでにこの手のメッセージをフィルタリングしているようです。

(via Appleinsider

Last Updated on 2022年9月23日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。