NASAが火星に衝突する隕石の音を捉えた!(公開音源あり)

2018年5月5日に打ち上げられ、2018年11月26日に火星のエリシウム平原に着陸したNASAのInSight Landerは、その最後の日々をゆっくりとカウントダウンしています。

NASAは、火星の地表での地震やその他の現象を研究するために火星に配置され、火星着陸船から多くのことを学びました。しかし今、その最後の力の苦しみの中で、InSight Landerは驚くべきものを捕らえました。隕石が火星に激突する音です。

NASAは今週、 SoundCloudでサウンドをリリースしました。これはわずか11 秒のオーディオの断片ですが、火星を横切って吹く風の音と、おそらく着陸船自体の機械的なハム音が聞こえます。しかし、数秒後、隕石が爆発して惑星の表面に激突する際の大きな衝突音によって相対的な沈黙が破られます。

隕石衝突の音が別の惑星で記録されたのはこれが初めてであり、この11 秒間の音声の断片がさらに印象的です。NASAは、3つの異なるブループ(発生原因不明の低周波音波)がサウンドで聞こえると述べています。これは、隕石が大気圏に入り、分裂し、地面に衝突する音を表しています。

隕石が火星に激突する音は、今日、体験できるとは思っていませんでした。InSightは数か月前から最後の段階にあります。火星の地震活動を研究している着陸船は、火星の表面からの砂が太陽電池パネルを覆っていたため、今年初めにかなりのトラブルに見舞われました。

NASAは着陸船をあきらめ、代わりにInSightの最後の力を使い果たすことを決定し、力を維持して何らかの方法で節約しようとするのではなく、火星の研究を続けました。InSight が死にかけている間に、着陸船は少なくとももう1つのデータを提供してくれました。

(via BGR

Last Updated on 2022年9月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。