Googleの元CEOは、ハイブリッドワークはよくないと考えている。

画像ソース:Wikipedia

過去数年間、Googleは他の企業と同様に従業員の働き方を再考してきました。パンデミックの間、彼らのほとんどは自宅で働いていました。ほぼ終わったように見える今、多くのマネージャーは、それらの従業員がオフィスに戻ってくることを望んでいます。

その緊張のバランスを取るのは、従業員の生産性を高める最善の方法、またはそれが何を意味するかを理解しようとするリーダーです。多くのエネルギーとリソースを費やして興味深く革新的なワークスペースを作成することで知られるGoogleは、従業員が週に数日をオフィスで過ごし、数日をリモートで作業するハイブリッド アプローチを試みました。

GoogleのCEO であるサンダー・ピチャイ氏は、4 月にスタンフォード大学で行われたインタビューで次のように語っています。

「私は人々に柔軟性を与えるのと同じように非常に明確に考えています。私たちは人のつながりを強く信じていると思いますが、より目的のある方法でそれを達成し、従業員にもっとエージェンシーと柔軟性を与えることができると思います。
ですから、ハイブリッドワークは素晴らしいと思います。世界中に多くの拠点を持っている会社の規模を活用して、人々が他の場所に移動して働くことができるようにします」

ピチャイ氏の見解は、特にテクノロジー企業の間ではかなり一般的です。たとえば、Appleはこの夏から同様の戦略を発表しました。パートタイムは自宅で仕事をしながら、チームの他のメンバーと同じ日にオフィスで仕事をするというアイデアです。会議やその他の共同作業が行われるのはそのときです。理論的には、オフィス内での作業の長所とリモート ワークを組み合わせる必要があります。

それがうまくいくとは思わない人物の1人は、同社の元CEOであるエリック・シュミット氏です。4月のCNBCとのインタビューで、シュミット氏は「私の見解では、これらの人々がオフィスにいることが重要である」と信じています。

シュミットの主張は、少なくとも部分的には、オフィスにいることで、オフィスで他の人と交流する方法を学ぶということのようです. これは、特に若い労働者にとっては、おそらく真実です。

「彼らの年齢に関して言えば、それは彼らが学ぶ時です」と彼は言います. 「家でソファに座って仕事をしているためにチャンスを逃したとしたら、どうやって優れた経営陣を築いているのか、私にはわかりません」

多くの企業は、従業員が週に2~ 3日オフィスに戻ることを要求し始めていますが、残りの時間はリモートで作業できる柔軟性を与えています。問題は、人々がフルタイムでオフィスにいるわけではないため、オフィスが変わりつつあり、良い方法ではないということです。

今年の初めに、企業がオフィスを基本的にコワーキングスペースに変えている方法について書きました。アイデアは、従業員がオフィスにいるときに作業する場所を予約または検索し、そうでないときに他の誰かがそのスペースを使用する可能性があるというものです。それは原則として素晴らしいです。結局のところ、必要なオフィスの総数が減り、より柔軟なワークスペースが可能になります。

ハイブリッド ワークのより良い形は、チームが進行中の作業に基づいてどこで作業する必要があるかを決定できるようにすることです。チームが最も生産的になる場所について正しい決定を下すことを信頼してください。シュミット氏が指摘するように、オフィスでの仕事がうまくなるように彼らを訓練することにはならないかもしれません。繰り返しますが、それはまったく問題ではないかもしれません。

(via INC

Last Updated on 2022年9月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。