Intel、2023年にラップトップ部品からCeleronとPentiumのブランドを削除

2022年末までにはまだ 4 分の1を超えていますが、Intelはすでに 2023年を目指しており、モバイルプロセッサの最終的な更新を目指しています。そのために、2022年9月16日、同社はローエンドのブランド変更を行っていることを発表しました.

2023年以降、Intelはラップトッププロセッサの PentiumおよびCeleronブランドを廃止します。その代わりに、Intelは市場のローエンド向けに単一の「Intel Processor」ブランドを持ち、Intelのモバイル製品の残りの部分ではCore ブランド (複数の層を持つ) をそのまま使用します。

特に、この変更は将来のラップトップ パーツにのみ適用されます。現時点では、Intelはデスクトップ パーツまたは組み込みパーツの変更を発表していません。モバイルは最近、実質的にIntelの主要な消費者市場セグメントであるためで、モバイルで定着すれば、自然とPC市場でも浸透します。

Intelの現在の世代のPentiumおよびCeleron 製品はどちらも、単一のパフォーマンス コアと4つ (1 ブロック) の効率コアを備えた Alder Lake-Uプロセッサに基づいています。これらの SKUの唯一の違いは、価格以外にクロック速度です。

具体的には、Celeronパーツにターボブーストがないことです。したがって、Intelが将来の世代で同様の戦略を追求する場合、2つの類似製品を1つのブランドの下に折りたたむことは奇抜ではありません。ただし、特定のブランディングを放棄するという決定は、Intelにとっては異例のことです。

そうは言っても、この世代のこのセグメントには、純粋なAtomパーツが著しく欠けています。Intel は、Gracemont Atomコアを使用した真のエントリーレベルの部品をまだ製造していません。

Alder Lake Pentiums/Celerons 以下はすべて、最終世代のTremont Atoms です。そのため、Intel の最も安価なラップトップ製品セグメントでは、より大きな変化が進行している可能性があります。

(via anandtech

Last Updated on 2022年9月17日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。