iOS でアプリ内購入価格が40%上昇したのは、App Tracking Transparency機能のせいらしい

iOSでのアプリ内購入の平均価格は昨年から40%上昇しています。主な理由の 1 つは、Appleの App Tracking Transparency機能により、適切なユーザーにリーチする費用が高くなっていることです。

一度だけ、インフレは変化のせいではないことを嬉しく思います。Apptopiaのレポートによると、iOS でのアプリ内購入価格の上昇は、2022 年にインフレが本格化するずっと前に発生しました。

レポートによると、この上昇は、「Apple の App Tracking Transparency ポリシーによりユーザー獲得のコストが高くなったために、インストールあたりの実効コスト (eCPI) が上昇したことにパブリッシャーが反応している」可能性があるとのことです。

価格は Google Playよりも App Storeの方が大幅に上昇しているため、すべてのIAPが等しく影響を受けているかどうかを判断したいと考えました。
1 回の購入の IAP (たぶん、Tennis Clashの新しいスキン) は、毎月または毎年の購入 (ヘッドスペースへの 1 年間のアクセス) の IAP よりもはるかに増加したことがわかりました。

7 月の iOS 単一購入 IAP の平均価格は前年比36% 上昇しましたが、年間および月間 IAPは19%しか上昇しませんでした。パブリッシャーは、獲得コストを削減するために、価値を提示し、顧客をより長く引き付けようとしています。

Apple の App Tracking Transparencyポリシーが、開発者やその他の企業にどのように影響を与えているかを知るのは興味深いことです。数か月前、Facebook/Metaは史上初の四半期収益の減少を報告しました。7月、同社は米国企業が直面している課題と不況の懸念を強調したが、ウォール街のアナリストは、TikTokの競争とAppleのプライバシーの変化が、近い将来の同社の真の懸念事項であると考えていました。

iOSでアプリ内購入の価格が上昇し続けるかどうかは明らかではありませんが、開発者は、iPhoneユーザーに魅力的な機能を提供しながらビジネスを成長させ続けるために、別の方法を試す必要があります。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月14日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。