Google、ついにChromebookハードウェア市場から撤退!

画像:he Pixelbook Go starts at $649 for a Core m3 processor, 8GB of RAM, and 64GB of storage.

The Vergeのレポートによると、 Google は「Pixelbook ラップトップの次のバージョンをキャンセルし、それを構築する担当チームを解散した」とのことです。これは数年前からのケースですが、新しい Chromebookはサードパーティ製のものだけになります。

同社が最後にリリースしたラップトップは 2019年にChromebook Goで、まだ store.google.com で販売されています。そのデバイスの発売直後に、ラップトップとタブレットの部門が縮小されているという報告が表面化しました。

タブレットのプランは Androidのおかげでなんとか復活しましたが、ラップトップのプランは明らかに死んでいます。信頼できる Google ラップトップの最新の噂は、Google Tensor/Pixel 6 の発売に向けた準備段階のものでした。Google は独自のチップを製造していると噂されており、携帯電話 (Pixel 6) の噂とともに、一貫してラップトップバージョンを主張していました

。Googleハードウェア担当上級副社長の Rick Osterlohは 5 月に同社が「将来的に Pixelbooks を開発する予定である」と述べており、報告書によると、「このデバイスは開発がかなり進んでおり、来年デビューする予定であった」とのことでしたが、キャンセルされました。

Pixelbook チームの解散の理由は、どうやら Google CEOのサンダー・ピチャイのコスト削減です。GoogleのCEO は8月に、「全体としての生産性は、私たちの人員にとって必要なレベルに達していない」と述べ、「投資が重複する部分を統合し、プロセスを合理化する」と警告しました。The Vergeのレポートは、「Pixelbook チームと Pixelbook 自体は、その統合と再展開の犠牲者でした」と述べています。

Google ハードウェアを実際のビジネスとして真剣に考えることは、常に困難でした。Google はハードウェア市場を小さな趣味のように扱い、少数の国でのみデバイスを販売しています。

Google ハードウェアの製品ラインは、リリースに一貫性がなく、他のハードウェアオペレーションに力を与えているように見える毎年の反復的な改善はまったくありませんでした。

毎年のPixelbookの自動リリースがなければ、Googleのこのリニューアルのタイミングは最悪だったでしょう。最後にChromebookをリリースしたのはパンデミックの1年前でした。パンデミックが発生し、Chromebookの売り上げが過去最高だったとき、Googleには何も提供できませんでした。Google のPixelbookは、Chromebookの販売が激減する直前に到着していたはずです。

Google ハードウェアの不安定性は、死んだ製品が真に死んだことはないことを意味します。Googleは 2015年にタブレットの製造をやめ、2018 年に Chrome OSタブレットに戻ってきて、さらに 3 年間やめ、2023 年に新しいAndroid タブレットを発売する予定です。

確かに、いつか別のGoogle ラップトップを手に入れることはできる化の旺盛がありますが、あと数年は待たなければなりません。

(via Arts Technica

Last Updated on 2022年9月13日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。