Apple Watch Ultra、Series 8よりも76%大きいバッテリーを搭載

中国の認定データベースで新たに明らかになった仕様によると、 Apple Watch Ultraは 45mmの Series 8と比較して76%大きいバッテリーを備えています。

MySmartPriceによって発見された認証は、「Apple Watch Ultra」が 542mAh のバッテリーを備えていることを明らかにしています。45mmのApple Watch Series 8には308mAhのバッテリーが搭載されており、以前の最大のApple Watchと比較して「Apple Watch Ultra」のバッテリーサイズが76%増加しています。

文書はまた、Series 6および7と同じCPUを搭載した「Apple Watch Series 8」とともに、新しいApple Watchも同じバッテリーサイズを共有していることを確認しています。41mmのSeries 8は 282mAh のバッテリー容量を備え、Series 7 は 284mAhのバッテリーを備えています。バッテリーサイズはほとんど同じです。45mm Series 8も、45mm Series 7 と同じバッテリーサイズを備えています。

Apple Watch Series 8 では、Appleは前世代のモデルと同じ終日のバッテリー寿命を約束しています。「Apple Watch Ultra」を使用すると、ユーザーは通常の使用で最大36 時間、低電力モードを有効にすると最大60 時間でこれまでのApple Watchで最長のバッテリー寿命を提供するとAppleは述べています。

watchOS 9でサポートされているすべての Apple Watch モデルで利用できる低電力モードは、アプリのバックグラウンド更新、常時表示、バックグラウンドでの血中酸素測定などの機能を無効にすることで、バッテリー寿命を延ばします。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月13日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。