大手自動車メーカー6社が2040年までにガソリン車の販売を全世界で終了することに合意

画像ソース:フォード

国連気候変動会議で、6つの自動車メーカーと30 か国が、2040 年までに世界中でガソリン車とディーゼル車の販売を終了するという誓約に署名しました。

この合意には、2035年までに「主要市場」でのこれらの車両の販売を段階的に廃止することも含まれています。
フォード、ゼネラルモーターズ、メルセデス・ベンツ、ボルボ、ジャガー・ランドローバー、中国の自動車メーカー BYD がすべて署名し、Uberを含む 20 社のフリート オペレーターも署名しました。

世界の指導者たちは現在、スコットランドのグラスゴーで開催される 2021 年国連気候変動会議 (COP26 としても知られる) に集まり、2015 年のパリ気候協定以降の進捗状況を確認し、将来に向けた新しい、より野心的な目標について交渉しています。

先週の水曜日に、フォード、ゼネラルモーターズ、メルセデスベンツを含む6つの主要な自動車メーカーと30の国家政府が、2040年までに世界的に、そして2035年までに「主要市場」で新しいガソリン車とディーゼル車の販売を停止するという誓約に署名しました。

しかし、米国、中国、日本という最も重要な自動車市場の 3 つの政府は、トヨタ、フォルクスワーゲン、日産・ルノーなどの主要な自動車メーカーと同様に、誓約への参加を控えました。

法的拘束力のないこの誓約は、「2035 年までに、主要市場で 100% ゼロエミッションの新車とバンの販売を達成することを目指す」という合意であり、これには、従来の電気自動車または水素燃料電池の両方の販売が含まれる可能性があります。

前述の 3 つの自動車メーカーに加えて、ボルボ、ジャガー・ランドローバー、中国の自動車メーカー BYDも誓約に参加しました。署名したメーカーのグループは、2019 年の世界売上高の約 4 分の1を占め、Uber を含む 20 のフリート オペレーターも、2030 年までにフリートでゼロ エミッション車のみを使用することを約束しました。

協定に参加した30カ国の中には、ノルウェー、スウェーデン、オランダ、英国など、EVの販売がすでに軌道に乗り始めているヨーロッパ諸国が含まれていました。世界第 4 位の自動車市場であるインドは、重要な追加要素でした。この国は、トルコやルワンダなど、ガソリン車とディーゼル車の販売を終了する日付をまだ約束していないいくつかの国に含まれていました。カリフォルニア州とワシントン州も署名を行った。

(via CAR DRIVER

Last Updated on 2022年9月12日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。