[A16 Bionicのパフォーマンス]マルチコアでA15 Bionic より5%遅いが、シングルコアでは最速のモバイルSoC

A16 Bionicのベンチマーク結果結果は、ShrimpAppleProによって共有され、Geekbench 5 の画像の下部にある小さな透かしは、彼が中国のマイクロブログWebサイト Weibo からこれらの結果を取得した可能性が高いことを示しています。

その他の詳細は、テストを受けたiPhone 14 Proが 6GBの RAM を備えていることを明らかにしていますが、これはApple が公式発表の際に言及していませんでした。過去のレポートでは「Pro」モデルは 6GBのLPDDR5メモリで処理されると一貫して言及されていました。

テストでは、iPhone 14 Proで動作するA16 Bionic がシングルコア スコア:1879 を達成し、このベンチマークカテゴリで最速のスマートフォン SoCとなっています。

残念ながら、マルチコアでもA15 Bionic よりもわずかに高速であるとすぐに想定していましたが、これらの結果には驚かされました。A15 Bionicが4885のマルチコアスコアを達成するのに対して、A16 Bionic は4664のスコアで約5%遅くなります。

実際、A16 BionicはMediaTekのDimensity 9000よりもわずかに高速ですが、これは多くの要因による可能性があります。
まず、Geekbench 5 のスコアは簡単に操作できるため、読者にはこれらの結果を参考程度として扱うことをお勧めします。第二に、Geekbench 5アプリが iPhone 14 Proおよび iPhone 14 Pro Max、ひいては公式の iOS 16 アップデートに対応していない可能性があります。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの商用ユニットが大衆向けに出荷され始めたら、これらの結果を再検討し、最新の Geekbench 5アップデートを実行した後、おそらく A16 Bionicのパフォーマンスをより明確に把握できるようになるでしょう.

Apple の最新のSoCが TSMCの4nmアーキテクチャで大量生産されていることを考えると、これらの結果は期待外れです。

(via Wccftech

Last Updated on 2022年9月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。