Apple、Apple Watch Series 8を正式に発表、国際ローミング、省電力モード、クラッシュ検出機能などを搭載

Appleは、本日のイベントで新しい Apple Watch Series 8を発表しました。新しい Apple Watch Series 8は、前モデルと同じ画面サイズを提供します。41mmと45mm では、時計は前世代の常時表示を提供します。昨年と同じセンサーを使用し、さらに新しい体温センサーを導入しました。

2つの温度センサー (1 つは下部に、もう 1 つは画面) を備えた Apple Watch Series 8は、排卵周期を追跡することにより、女性の健康管理に役立ちます。

Apple Watch Series 8は、新しいクラッシュ検出機能で車のクラッシュも検出します。落下検出と同じように機能します。時計が事故にあったと判断すると、あなたに尋ねてから緊急通報します。より多くのジャイロセンサーを備えた新しいテクノロジーを使用しています。

Apple Watch Series 8のバッテリー寿命は新しい低電力モードにより、Apple Watch は最大 36 時間のバッテリー寿命を提供します。さらに、スマートウォッチで初めて国際ローミングが提供されます。

過去数年のモデルとは異なり、Apple Watch Series 8 は、アルミニウムとステンレス鋼の 2 つの仕上げで利用できるようになります。

カラーは、
アルミ:ミッドナイト、スターライト、シルバー、(PRODUCT)RED

ステンレススチール:シルバー、ゴールド、グラファイト

Apple Watch Series 8は、新しいwatchOS 9アップデートを利用します。新しいウォッチフェイス、刷新されたワークアウト アプリ、新しい薬用アプリを導入。

Apple Watch Series 8は、1日18時間のバッテリー寿命を持っています。

本日より先行予約を開始し、一般販売は9月16日を予定です。価格は、41mmが59,800円,45mmが64,800円からです。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月8日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。