Apple、 iOS 16の8 番目のベータ版を公開を開発者およびパブリックベータ・プログラム登録者に公開!

Appleは本日、今後のiOS 16アップデートの 8番目のベータ版をテスト目的で開発者およびパブリックベータ・プログラム登録者に公開しました。

Appleは、iPadOSを改良のため、iPadOS 16.1にしたため、現時点ではiPadOS 16のアップデートはありません。iPadOS 16.1 はiOS 16の後に公開されます。

iOS 16では、改良されたロック画面が導入され、ウィジェットによる新しいレベルのパーソナライズとカスタマイズ、通知の再設計、時間の調整可能なフォントと色が提供されます。ウォッチフェイスと同様に、複数のロック画面がサポートされており、集中モードに関連付けることができます。

集中モードは、アプリ内の気を散らすコンテンツをカットするためのフォーカスフィルターを使用して、以前よりも簡単にセットアップでき、よりカスタマイズ可能です。Messages アプリには、iMessageの編集、iMessage の送信取り消し、メッセージを未読としてマークするためのツールが追加され、 FaceTimeと同様にSharePlayもサポートされています。

メールアプリの検索機能と、送信の取り消し、送信のスケジュール設定、フォローアップなどのツールが改善されたため、返信がない場合にメールをチェックするようリマインダーを受け取ることができます。

Safari は共有タブグループをサポートしており、Appleはパスワードをパスキーに置き換える作業を行っています。これは、アカウントにログインするためのより生体認証的に安全な方法です。

iCloud Photo Libraryを使用すると、ユーザーは家族と写真をより簡単に共有できます。ビデオでは Live Textがサポートされます。Visual Lookup の一部である、タップで背景から被写体を浮かび上がらせる素晴らしい新機能があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月30日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。